そもそも肩こりとは

①捕まった血行

肩こりで感じる痛みというのは血行不良のヘルプサインです。

血行は本来スムーズに流れ、必要な部位に必要なだけの栄養を補給しています。

しかし、②で説明する犯人のせいで血行が悪くなってしまっているのです。

血行がスムーズに流れないことで発痛物質がでてきます。発痛物質があることで痛みを感じ、初めて「肩がこってきたなぁ」「痛いなぁ」と体の異変を感じることができます。

血行は発痛物質を出すことでヘルプサインを出しているのですね。

 

肩こりは血行が悪くなっていることのヘルプサイン

②犯人は複数

では、そもそも血行を悪くしてしまっているのは何なのでしょう。

結論から書きますと、犯人は複数人います。主犯と共犯者数人。

登場人物は5人。

温度・筋肉・姿勢・運動不足・生活 です。

 

主犯は読んでいる方それぞれの体の中で違います。

共犯者もどの程度犯人と協力しているかがそれぞれ違います。

③あなたのなかの主犯は誰?

あなたの中の主犯は誰なのか、これも見つけなければ肩こりは解決しません。

もうタイプ別肩こりは読みましたか?

読んでない方は是非そちらを読んで犯人を見つけてください。