+nicoの治療の考え方(通院することになったら)

+nicoでは、以下のように患者さんの状態と施術の通院ペースを3段階+1段階で考えています。

身体の状態と経過

治療期

治療が必要な時期

施術をすると一時的に症状がなくなったように感じますが、(特に慢性的な)症状は少し時間が経つと症状が戻ってしまうことが多いです。そのため肩こりや腰痛その他ぎっくり腰や五十肩・冷え症から倦怠感・疲労感までとにかく何かお悩みの症状があり本当に改善したいと思っている場合、しっかりと良くしていく期間が必要です。 治療期はしっかりと通院してもらい症状をなくしていく期間です。通院ペースも週に1~2回が目安となることが多いです。良くしていくためにも「続けてきた方が良い」ということはお伝えしています。 また、治療期は通院をしなくてもよくなるようにするための準備期間でもあります。そのため+nicoでは原因の特定・普段の生活の注意点・その方の生活や症状に合った自分でできるケア方法をできる限り伝えていきます。そしてこの治療期に自身でのケア習慣を作ることで緩解期にスムーズにうつることができます。

緩解期

だんだんとよくなる時期

治療期では施術後症状が一定期間で戻ってしまうことが多いですが、緩解期では治療期ほど早く症状が戻りません。例えば「治療期に5日で症状が戻ってしまったものが緩解期では12日戻らなかった」というよう徐々に調子のよい期間が長くなってきます。 しかし要注意、この時点ではまだ戻る可能性があるということ。良くなったと思って何もしなくなると辛い状態になり安いため注意が必要です。この時期の通院ペースは2週間または3週間の1度の通院ペースとなります。このあたりから+nico主導ではなく患者さんのお話を聞きながら今の生活なら次はいつか相談しながら決めていきます。少しずつ自分で調整していくようにしてもらうことで自分で自分の状態の管理ができるようになります。 追い打ちをかけるように体の調子を良くしながらより効果的なケアを実践して頂くことで維持期へと移行します。

維持期

調子が良い状態を維持する時期

急性症状も慢性症状もここまでくるとかなり調子が良くなります。「もう悪くはないから、調子のよい状態をできるだけ維持していってね」という期間です。この時期にオススメの通院ペースは1ヵ月に1度程度。1ヵ月に1度の来院で、身体の状態を確認し過ごし方が良かったかケア方法は今の状態と合っているかを確認するタイミングとしてオススメしています。

しかし、通院に関しては完全に患者さん自身に任せます。治療期・緩解期と過ごしてきた患者さんはどの程度の生活をすると身体がどのようになるか知っています。なので「もう自分自身のケアで大丈夫」「何かあったらまた来ます」という人もいますし「月1のメンテナンス」として次回の予約を入れていく人もいます。 +nicoでは来院してもしなくてもできるだけ良い状態でいられるよう応援しています。

向上期

パフォーマンスをあげたい

お悩みの症状がなくても、例えば「調子よくいたい」「スポーツでこういう動きがしたい」という「もっと仕事の効率がよくなりたい」「遊んでも疲れなくなりたい」というポジティブな要望があります。身体への知識・患者さんの情報をもとに身体や生活が向上していくようにお手伝いしていくことができます。いわゆるパフォーマンスアップというお手伝いをしています。

終わりに

+nicoには

「リラックスしに来た」という方~「なんとか症状を楽にしたい」という方まで

幅広い方がおみえになります。そのため良くなる方法はどんどん提案していきますが無理強いすることはありません(^^) 来院された時の「患者さんの身体の状態」と「患者さんがどのようになりたいかの要望」をふまえ患者さんは今どの時期にいるのかを考え、より良くなる方法を提案をしています。


浦安駅から徒歩4分 カフェ空間のような鍼灸整体マッサージ院+nico

首・肩こり・頭痛など女性に多い症状でお悩みの方はお力になります(^^)

 

電話予約はこちらから

ネット予約はこちらから