今後の業界は…

実は今、求人のために色々書いていたんです。

で、今後の社会背景を踏まえうちでは…という内容を書いていたんですが、ちょっとリクルートの人には小難しい話になってしまったかもしれないのでこちらにかいておこうと思います。

多分こちらを読んでいる方なら、業界の動向なんかも見ていると思いますがいかがでしょうか?

今まで

つい10年ほど前まではマッサージの単価って10分1,000円というのが通常でした。あまり個の相場を崩す人がいなかったんですよね。ですが、最近では整体やマッサージは価格が安くなる傾向にあります。そこらへんで60分2,980円とかの看板が見かけるようになりま したね。価格競争を始めた影響で他のところもつられるように価格を下げてしまったんです。以前よりも半分の価値になってしまいました。

現在

現在は「低価格化・高価格化」の2つ分かれる傾向が見受けられます。
低価格化では上記通りリラクや○○ほぐしをマネした店舗が増えて、同じような提供サービスで価格競争を行いどんどん価格を下げていますね。低価格のところで60分2,980円が普通だと思っていましたが、この間見かけたところは60分1,980円というところもみかけました。
高価格化に関してはブランディングや施術以外のところに付加価値をつけることで価格をあげていくタイプと○○専門というターゲットを絞り専門特化することでそこでしか受けれない技術を提供することで価格をあげていくタイプに分かれてきています。

これから

今後の動向は(あくまでも予想ですが)

低価格化したタイプは下火になります。なくなりはしません。需要はあるので。ただしスタッフが定着しないのでこれ以上メジャーになる事はできないと思っています。大きな会社が広げるというよりは個人でこの価格でやる人が増えてきそうですね。通常このタイプの会社に入ると60分2980円の売り上げをスタッフが2000円近くもらえ、会社が980円もらうというやり方になります。個人でやると集客しやすいのと売上が全部自分に入るので個人でやる人が増えるという予想です。ただこのやりかたでやるとかなりきついと思いますが・・・。 上記の高価格化した2タイプが価格を落としてくるというところが今後はメインな所でしょう。
需要があるサービスには企業が手を出してきます。高価格化できる条件は需要に対して供給量が少ないからこそできるのですが、企業が手を出してくると供給量があがるため次第に価格競争が起きて価値が下がってきます。
これが近いうちにおこることかなと思っています。

自分はどうするか

この業界で開業した場合生き残る人って1割しかいないと言われています。 社会背景を知った上で自分はどうするか、それが分かっていないと価格競争にのまれて普通の施術者になってしまうと思います。この業界入って離脱する人は多いですから。

 

では、どのようにしていくと良いか。長くなりそうなので興味ある人にお声かけください興味がある人にお話しできればいいかなと思います(^^)

この記事には業界のお話ができるようにとゲストブックを残してみました(^^)

是非ご意見あればご利用下さい。

コメント: 0