なぜ私が肩こりを治すことを勧めているか

今日は私が何故こんなにも肩こりを治すことを勧めているかを話してみようと思います。

肩こりを起こすとこんな感じになりませんか?

  • 痛いなー
  • 肩凝ったなー
  • だるいなー
  • 疲れた感じがするなー

正直これだけなら良いんです。

だって我慢すればよいから。

 

けど、人間はそんな単純ではありません。

ささいな肩こりだけでも

考え方がネガティブになります。

例えば、

  • 子供のちょっとした考動にイライラしたり
  • 休みの日にやりたいことではなく休むようになったり
  • 何もしたくなくなってしまったり
  • 「何かをしたい」と思うよりも「あれはできない」と諦めてしまう

ささいな肩こりがでるだけでも、考え方がこんなにも違う。

これは本来あなたのあるべき姿ではないと思うんです。

本来なら

  • 家族や友人達との時間を楽しんだり
  • 何かにやりがいを感じていたり

とあなたの笑顔でいる時間が多いと思うのです。

そして私は笑顔でいるあなたが素敵だと思います。

 

あなたの日々に笑顔がもっと増えるよう

ささいな肩こりかもしれませんが改善していくことをお勧めしています(^^)